公益社団法人知財登録協会

設立趣意書

Vision & Mission

我が国は、産業競争力の観点から知財(知的財産)の創造、保護、活用という知的創造サイクル の好循環化を理念とする知財立国戦略を立ち上げ推進中です。しかし状況は、知財本来の目的で ある利益への貢献から大きく乖離し、技術情報の流失、ニセモノ横行、国民の知財意識の停滞等、 知財立国の理念は廻らず、知財保護活用マネジメント全般にわたって問題を抱えております。 開発すれば出願するという出願パラダイム(規範)は、出願リスクの軽視や特許になれば誰かが 守ってくれるという幻想を生みます。知財立国の理念を実現するには、知財制度の改革や補完を 促す新しい知財モデル及びそれを実施する公益機関(公益法人)が求められます。
【問題の本質】
・知財は、商品(製品やサービス)に使用して価値を持ちますが、使用しない排他権のみの知財が 乱造され、知財が商品の利益に結び付くように管理されていません(知財と商品の別管理)。 ・知財には、特許庁に出願する『出願知財(攻撃的排他独占権)』と、著作物や営業秘密情報の ように出願しないで保護を受ける『非出願知財(防衛的排他独占権)』の2種類がありますが、 出願リスクが無く費用対効果の高い『非出願知財』が軽視され、活用されていません。
【知財ブランドモデル(SIR モデル)と知財登録協会(SIR)】
商品に使用する知財を商品情報と関連付けて、知財(IP)コードを用いて登録(知財化)し、 このコードを商品等に表記して PR する(ブランド化)、もしくは将来のために知財のみを登録 する『知財ブランドモデル』を提唱し、現在の知財問題を抜本的・止揚的に解決する公益法人と して、『知財登録協会(SIR:The Society of Intellectual Registration)』を設立しました。 協会は、商用化に必要な非出願知財の登録保護活用を重点的に推進します。 また公益目的事業として、知財に関する調査研究啓発事業を行い、知財立国に貢献します。
【会員向けサービス】
・非出願知財を含む統合的な知財登録により費用対効果の高い知財保護とブランド利益の形成。
・知財に係わる指導助言(コンサルテイング含む)、会員割引サービス及び電子会誌等の提供。
【協会 Vision & Mission】
Vision は、世界の範となる知財を尊重するイノベイテイブな公正・共存共栄社会の実現です。 Mission は、非出願知財の保護活用や知財制度革新を含む国民知財運動の先導と世界展開です。 詳細は、協会HP(http://www.ipbrand.org)や『知財インテリジェンス』(大阪大学出版会)、 『知財戦略経営概論』(日刊工業新聞社)をご覧下さい。